回春セラピスト

フリルの付いたブラジャー

セラピーを提供する人だからセラピスト。秋葉原の回春マッサージ店で、お客として行く我々の相手になってくれる嬢の皆さんは、このように呼ばれています。
普通は「エステサロンのセラピスト」とかそういう言い方をするものですが、秋葉原の回春マッサージ店だってある意味ではしっかりセラピーを施してくれます。女の人にカラダのいやらしいところをさわってもらったり、あまつさえイカせてもらえるというのは、男にとってはとても嬉しいものなのです。
パンパンに腫れ上がったように溜まったやつを、一気に放出させるときの快感は、まさに「救い」のような何かを感じさせます。秋葉原の回春マッサージ店に行くことによって、心の底から生まれ変わったような気持ちになれるのですから、これが立派なセラピーでなくて何だというのでしょうか。
もちろんそのサービスは手コキ中心ではありますが、手でしか触ってもらえないというわけではありません。
基本的に我々は受け身の状態で、主に上半身を彼女たちに明け渡し、あるいはフィニッシュが近づくときは彼女たちのほうにお尻を向ける恥ずかしい体位をとることになりますが、マッサージの途中、セラピストは太もももあらわな格好で我々のカラダにまたがってくれたりするのです。
秋葉原の回春マッサージ店では、メインの手コキが始まる前に全身を揉みほぐすマッサージが行われますが、背中をマッサージしてくれるとき、彼女たちは無邪気にまたがってやってくれるわけです。
腰の後ろのあたりにまたがっている彼女たちのおマタの感触とあたたかさを、ばっちり感じていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加